軽費老人ホームで働くメリットとデメリット

「安心」と「自由」が叶う軽費老人ホーム
働くメリット・デメリット

働くメリット・デメリット

メリット・デメリットを知る

軽費老人ホームで働くメリットは、介護職の身体的負担が軽い職場が多いことです。一般型ケアハウスは、入居者の要介護度が上がると住み続けることができせん。つまり、入居中は介護ケアをほとんど必要としないということです。介護型ケアハウスの場合、要介護度が上がっても住み続けることができます。介護職の身体的負担は増えますが、入居者が長く定着することでしっかりとした信頼関係を築くことができます。軽費老人ホームは、基本的に自立した生活ができる高齢者が多い施設で、レクリエーションも盛んです。イベントやレクリエーションがもともと好きな人ならば、軽費老人ホームでの仕事をいっそう楽しめるでしょう。
デメリットは、介護職なのに介護の機会が少ないことです。一般型ケアハウスは介護を必要としない人が多く、介護職としてのスキルアップが難しく感じられます。軽費老人ホームでの仕事を介護職としてのステップアップのための経験と考えていると、仕事内容に物足りなさを感じてしまうかもしれません。介護型ケアハウスの場合、介護職の身体的負担は重くなりがちです。体力勝負の仕事が多く、重労働が身体に響いてしまうこともあります。

実際に働く人々の声

軽費老人ホームで実際に働いている人々の声は、これからのことを考える上でとても参考になります。ある人は、介護職未経験で軽費老人ホームに応募しました。介護職は大変だというイメージを持っていましたが、軽費老人ホームで暮らす高齢者は元気な人が多く、身体的負担はあまり感じられなかったようです。別のある人は、介護に伴う身体的負担が軽い分、入居者との楽しい時間が多いことに注目しています。入居者から頼りにされることに大きなやりがいを感じており、仕事を心から楽しんでいます。また別のある人は、介護職未経験から軽費老人ホームに入りました。イメージしていたきつい仕事がなかったことに驚きつつ、満足の日々を送っています。
ここでご紹介した軽費老人ホーム経験者に共通するのは、身体的な負担をあまり感じることなく、介護職の楽しさややりがいを感じられていることです。介護職に対していいイメージを持って仕事に取り組むことができるので、ステップアップしたいと思ったときのモチベーションもうまくコントロールできます。

まとめ

軽費老人ホームの入居者は介護を必要としない高齢者が多く、介護未経験の人でもゆっくり成長できる職場です。介護ケアがメインの仕事に不安がある人でも、軽費老人ホームなら自分のペースでゆっくりと介護の仕事を覚えていくことができます。

転職を考えている人へ

求人を探すコツ

求人を探すコツ

軽費老人ホームの求人を探すコツは、「特定施設入居者生活支援」の指定を受けた施設かどうかを最初に確認することです。指定を受けているかいないかで仕事内容が異なります。「介護職員処遇改善手当」があるか、併設している事業所の兼務があるか、夜勤や宿直があるかなど、条件面をよくチェックしましょう。インターネットで探せば求人はすぐに見つかりますが、転職エージェントに相談すればより詳しい情報が手に入ります。