軽費老人ホームの求人を探すコツ

「安心」と「自由」が叶う軽費老人ホーム
求人を探すコツ

求人を探すコツ

軽費老人ホームの求人を探す

軽費老人ホームで働く場合、「特定施設入居者生活介護」の指定を受けた施設であるかどうかで仕事内容がまるで異なることを念頭に置いておかなければなりません。仕事内容が異なれば、給与などの各種条件も異なります。求人情報のチェックポイントは、「特定施設入居者生活介護」の指定を受けているかどうか、特定施設入居者生活介護に指定されていればあるはずの「介護職員処遇改善手当」があるかどうか、併設している事業所の兼務があるかどうか、夜勤や宿直があるかどうか、給与や手当が希望に合うかどうかです。自分に合う仕事を見つけられるかどうかは、求人探しの段階でいかに丁寧に選別できるかにかかっています。チェックポイントをよく確認し、ミスマッチを予防しましょう。
介護職に対して、きつい・汚い・危険の「3K」のイメージを持っている人は多いものです。しかし、そのように感じている人の多くは介護職が働く現場についてよく知りません。ひと昔前の介護現場は、3Kと呼ばれても仕方ない状況下にありました。施設内は汚れが目立ち、汚物から出る異臭が漂っていました。そのような現場を見て働きたいと思う人はほとんどおらず、3Kと呼ばれて敬遠される傾向も確かにありました。そのような時代から長い年月が経過した現在の介護現場は、見違えるように清潔になりました。施設が清潔でなければ入居者も集まらないので、施設側の意識もかなり変化しています。とはいえ、介護現場には排泄の介助があるため、汚物や異臭が完全になくなることはありません。そのような現場に耐えられないなら、入居者の自立度が高い施設のほうが向いているかもしれません。

マイナビエージェント

介護職の求人は、インターネットで探せばすぐに見つかります。求人探しで最も難しいのは、数多くの求人の中から自分にとって最適の転職先を見つけることです。ここで失敗しないために、転職エージェントをうまく活用しましょう。

キャリアアドバイザーは業界ごとの専任制で、各職種の転職事情を熟知しています。

「マイナビエージェント」から引用

介護のしるし

軽費老人ホームの求人を探すなら、介護職専門の転職エージェント「介護のしるし」もおすすめです。転職エージェントにしかない非公開求人の紹介を受けられることがあります。

毎日入ってくる急募の案件や非公開の案件もチェックできます

「介護のしるし」から引用

きらケア

介護業界は、求人の当たりはずれが多い業界です。昔よりは改善されているとはいえ、ブラックなやり方をしている施設がゼロになったわけではありません。転職前に施設内の事情について個人が収集できる情報の質と量には限りがあります。そこで、内部情報に精通した転職エージェントの利用がカギとなります。

お仕事のご紹介の際に職場の雰囲気や有給消化率などのリアルな情報をお伝えして納得度高く働けるように支援します。

「きらケア」から引用

転職を考えている人へ

求人を探すコツ

求人を探すコツ

軽費老人ホームの求人を探すコツは、「特定施設入居者生活支援」の指定を受けた施設かどうかを最初に確認することです。指定を受けているかいないかで仕事内容が異なります。「介護職員処遇改善手当」があるか、併設している事業所の兼務があるか、夜勤や宿直があるかなど、条件面をよくチェックしましょう。インターネットで探せば求人はすぐに見つかりますが、転職エージェントに相談すればより詳しい情報が手に入ります。